NeoCulture#Journal

Neo Culture #Journal

ある文化がある異文化を受容するには、母体となる文化においての既成概念の破壊と伝統の再構築が必要となる。 Neo Cultureは、その過程を人為的かつ局所的に再現しようとする、一種の実験である。

Oh my ミャンマー.

最近はミャンマー料理にどっぷりです。

 

完全にそれなしでは生きて行けぬ体になってしまいました。

 

私が重症のミャンマー料理中毒になって行く過程はこちら↓

そこにあるミャンマー 前編:高田馬場ミャンマータウン - Neo Culture #Journal

 

そこにあるミャンマー 後編:増上寺ミャンマー祭り - Neo Culture #Journal

 

美味しくてそしてなぜか懐かしい(本当にそう感じる。とくにローゼルリーフの酸っぱいスープとかやばい。日本に酸っぱいスープなんてそうないはずななのになぜこれで懐かしいと感じるのだ、私よ。と自問自答。)

 

そんなミャンマー料理を一人でも多くの人に知ってもらいたい

 

という自己満120%の動機のもと

 

最近ではとある秋葉原のお店のランチメニューで猛烈にミャンマーカレーをプッシュしたり、

 

いきなり高田馬場ミャンマーカレーをテイクアウトしてお土産にして持っていって店主とスタッフに食べさせたり、

 

とある別の西荻窪のお店ではイベント営業でミャンマーカレーランチをやってみたり、、、

 

ミャンマー料理のさらなる普及を目指して

 

草の根の活動を続けています。

 

 

そして今日

 

私は一人のカレー中毒者を連れてタックイレブン馬場へ。。。(カレー中毒ではあるがミャンマー料理中毒ではない。つまり私はこのカレー中毒者を洗脳しようとしたわけである。)

f:id:Neo-Culture-journal:20160926232604j:image

最初は怪しいと感じていたこの入り口も

 

今やお家の玄関と同じくらいの安心感です。

 

 

今日はここの8階の食堂飯がどうしても食べたかったのです。

f:id:Neo-Culture-journal:20160926232757j:image

前回訪れたときのそれ↑

 

いや、ここのミャンマー飯が本当にうまいんす。

 

この飯がきっかけで中毒になったようなものですからね。

 

 

そして別れは突然に。。。

 

 

いつものように食堂に入ってご飯くださいというと、

 

「今日はお店休みだからごめんなさい」

 

えΣ(Д゚;/)/」

 

「ここに作ってあるやつは今日は売り物じゃないの。ごめんね。」

 

「あ、じゃあいつ来たらお店やってますか???」

 

「ここはもう閉めちゃうから。」

 

「ここなくなるんですか!!ヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ!!」

 

「そうなの。ごめんなさいね。」

 

 

湯島のサワディーといいここといい、、、

 

"超絶現地流"と"抜群にうまい"を兼ね備えたお店の閉店は

 

精神的に辛い。。。orz

 

 

しかし、

 

気を取り戻さねばならない。

 

実のところミャンマー飯と言えばこの食堂と

 

早稲田近辺の汚ない食堂(ここも無くなった)に頼りきっていた私は

 

高田馬場周辺の数あるミャンマー料理店のことは

 

何一つ知らない。

 

新たなるフロンティアを開拓せよと

 

つまりそういうことだろう。

 

 

せっかくなので輸入食材店を見てまわった。

 

私のお勧めは8階の突き当たり左手のお店。

 

日本語が上手なミャンマー人のお姉さんが対応してくれて、(私が行くと大体お姉さん二人でやってる。今日も二人だった。)

 

色々質問すると全部丁寧に教えてくれる。

 

日本人の好みも分かっていて、例えばラペットゥ一つでも、

 

辛いものと辛くないもの

 

オイリーなものと油控えめなものと

 

色々あることを教えてくれた上で、

 

「日本人にはこの辛くなくて油控えめなものを買って、自分達の好みで日本のサラダ油なんかを足して食べてもらうと良いですよ」

 

なんてアドバイスまでくださる。

 

すごく良いです。

 

 

今日も質問責めにしてしまいました。

 

そしてとても興味深いお話が聞けたのでシェア。

 

 

<もち米>

ミャンマー食材店でもち米を見つけた。

タイ北部やラオスではもち米を主食とすることも多くあるが、それらはあくまで固形物、焼き肉や揚げ魚、ラオスではラープなどと一緒に食べられ、現地人の感覚で言うと汁物と合わせる主食ではない。

 

「だけどもミャンマーではどうなんですかー???」

という質問に対して、

 

お姉さんA「え?ねえ、もち米って汁物と一緒に食べる???」

お姉さんB「いや、、、」

お姉さんA、B「食べな-い!(口を揃えて)」

 

ミャンマー人二人が揃っていうんだから汁物とは合わせないんですね!

 

ちなみにもち米はミャンマーでは主食として食べる場合は

 

朝ごはんの時だけで、昼夜にはもち米は食べないんだそうです。

 

 

<ピックルドグラミーフィッシュ>

f:id:Neo-Culture-journal:20160926235411j:image

このビジュアル、この風格、

 

まるで発酵食品の王者です。

 

食べ方を教えてもらいました。

 

①テーブルスプーン一杯のピクルスをお茶碗一杯位のお湯で5分ほど煮る。

②きれいに濾す。

パクチーやグリーンチリなど、好みの香味野菜をいれる。

④米と一緒に食べる。

 

これを聞いたときには「日本にはこんな食べ物ないなー」って思いましたが、

 

今これを書きながら思いました。

 

これは、、、

 

「味噌汁」だ。

 

要するに味噌の材料が魚か大豆かってことでしょう。

 

いつか絶対買ってきて試します。

 

ちなみにこの味噌汁

 

タイでもベトナムでもやるんだそうです。

 

知らなかった。

 

 

<グリーンチリ>

短い小振りの品種はそのままかじったり、刻んでサラダに入れたり、生食用。

さやの長いものは 加熱用。

 

 

<納豆の豆板醤>

ヌードルのスープに溶かして使う。

これもそのうち欲しい。

 

 

今日もありがとうございました!!

 

 

ついでにお姉さんにおすすめのミャンマー料理屋さんを教えてもらいました。

 

「普通にタックイレブン馬場の1階と2階にもあるけど、どっちも行くし美味しいよ」

 

と言うことだったので、

 

今日は1階のノング・インレイ

f:id:Neo-Culture-journal:20160927000752j:image

 

店に入るなり昆虫メニューがお出迎えです。

f:id:Neo-Culture-journal:20160927000851j:image

ちなみに私は昆虫・ゲテモノ系は一切ダメです。

 

食べたことないし、食べれないし

 

今後一生食べないと思います。

 

エキゾチックゾーンがやばい。
f:id:Neo-Culture-journal:20160927001021j:image

 

気を取り直しましょう。
f:id:Neo-Culture-journal:20160927001115j:image
しかし解説なしの現地語表記のみだと何が何だかですな。

 

しかししかし、

 

写真は全部美味しそう。(エキゾチックゾーン以外)

 

と言うわけでお店の人に説明を聞きつつ、

 

「アッソントゥ!」
f:id:Neo-Culture-journal:20160927001425j:image

ラーメンとソーメンと米をベースに

 

パパイヤ、じゃがいも、豚皮のカリカリ揚げを混ぜ、

 

ナンプラー、チリオイル、レモン果汁、ひよこ豆の粉で和えて味をつけ

 

パクチーを散らす。

 

その昔残り物を適当に混ぜて食べていたのが始まりで、

 

徐々にそれが料理として洗練されていったのだそうです。

 

エジプトのコシャリを彷彿とさせる炭水化物お化け。

 

たまらん。

 

 

なまずカレー!!!」
f:id:Neo-Culture-journal:20160927002017j:image

臭くないし身も柔らかくて、

 

良いなまずでした。(げっぷ)

 

 

「モヒンガああああああー!!!」

f:id:Neo-Culture-journal:20160927002217j:image

ミャンマーヌードルスープといえばこれです。

 

店によって無限大のバリエーションがある(と勝手に思っている)

 

今回は干し魚の出汁にブラックペッパーがバシッと効いて酸味は控えめでした。

 

干し魚にブラックペッパーはマレーシアでもあったな。(庶民が愛用する煮干しとブラックペッパーの粒をおよそ1:1で磨り潰して作るふりかけがある。ナシゴレンによくかける。およそ1:1というのはいい感じに煮干しとブラックペッパーの香りが調和するポイントがあるから。ちなみに電動ミルできれいに挽くとあまり美味しくできず、すり鉢や石臼で雑に磨り潰すとすごく美味しくできる。)

 

干し魚+ブラックペッパーは最高っすね。

 

 

「たけのこピクルスと豚肉のカレー!!!!」

f:id:Neo-Culture-journal:20160927003232j:image

これはもう相当ですよ。

 

タイ北部のゲーン・ノーマイと同系統の料理でしょうが、

 

やっぱりたけのこピクルスがうまい!!!

 

豚肉も豚の脂もうまい!!!!

 

たけのこピクルスだけで白米食べれるレベルです。

 

もううまい以外の言葉がでてきません!!

 

 

おすすめメニューもたくさんありました。
f:id:Neo-Culture-journal:20160927000829j:image

"ハイビカツ"って書いてあるのが"ハイビスカス"

 

ローゼルリーフの炒め物かスープでしょうかね???

 

いやー、ぜひ皆さんにももっとこういう現地ならでは的なものを食べてもらいたいです~!

 

ちなみにローゼルリーフはもう日本では季節終わりらしいんで

 

今あるやつがなくなったらまた来年ですね。

 

早く暖こうならんかな。。。(ボソッ)

 

さて、

 

今日はこの辺ですが、

 

またミャンマーについて

 

書きます!!!

 

次回もお楽しみにどうぞ!w

インドでインド人からインド料理を習う(料理教室以外)

こんにちは。

 

いきなりですが今回は

 

"インドでインド人からインド料理を習うとそれがどれだけ楽しいか"

 

ということを力説したいと思います。

 

はい、この記事は自己満です。

いつも以上に。

 

 

では、行ってみましょう!

 

 

「インド人に知り合いがいるの???」とよく聞かれるんですが、

 

ほとんどいません。(いるにはいるけど別に飲食とか関係ない)

 

 

僕も最初はキッチンを覗き込んでいるだけで、

 

とてもインドでインド人からインド料理を直接習おうとは全く思っていませんでした。

f:id:Neo-Culture-journal:20160906142054j:image
だいたいのインド人はずーっとじーっと見ていても全くこっちのことを気にしません。

 

なので見放題。

 

「あー、パニールピアザってこうやって作るんか~。。。」とか

 

カレーを作った後のフライパンはいちいち洗わないけど

 

どうやら"洗わなければならない"場合と

 

"洗わずに続けて作れる"場合があるらしいとか、

 

例えば、

 

「マッカーニ系→バターチキン」 洗わないでいいw

 

「チキンマサラ→パラックチキン」 これも洗わないでいいw

 

「マトンカレー→ベジマサラ」 洗う

 

みたいに見ているとそれだけでもいろいろわかった気になります。

 

 

お次はデリーのメインバザール "パハールガンジ"

 

パハールガンジの裏路地には

 

川魚、川海老などの水生生物縛りのエリアがあります。

 

そこの食堂のおっさん

f:id:Neo-Culture-journal:20160906142123j:image
川海老のカレーを作って見せてくれました。

 

こんな感じで愛想良く見せてくれる人もいます。

 

でも言葉はあんまり通じないことも多いので、

 

何を使ったかは聞き出せても、正確な分量までは教えてもらいづらいです。

 

分量を聞いたときによくあるのが、

 

「これは a little」

 

「これもa little」

 

「これはvery.....(ほんのちょっとというジェスチャー)」

 

といういかにもインドな受け答えw(ちなみに僕はこのやり取りが結構好き)

 

後は手元をみて味見をさせてもらって「あーこんな感じね~」と。

 

 

 

では次、

 

お願いして入れてもらったお宿のキッチンです。

 

頼んでみたらいけました。

 

薄暗い。。。!!!

f:id:Neo-Culture-journal:20160906142154j:image
 ミックスベジタブルマサラ

 

マライコフタ

 

チャパティを教わりました。

 

ちなみにお宿のキッチンはだいたいそんなに忙しくないので、

 

厨房に入れてもらえることになったとしても、

 

注文がタイミング良く入らなければずーっと待ってないといけません。

 

もしくは自分でオーダーするか。

 

 

上手に膨らんだチャパティ

f:id:Neo-Culture-journal:20160906142211j:image

 

 

では次!

 

ここは「飯が美味しかったので教えてくれ」とお願いしました。

f:id:Neo-Culture-journal:20160906142233j:image

ちなみにこの店、今はもうないそうです(泣)

 

いやしかしここのビリヤニは美味しかった。

f:id:Neo-Culture-journal:20160906142245j:image

暑すぎてお店は暇だったんですが、

 

僕がいる時に友達が来て「勉強したいやつ頼むから教えてよ」

 

と言ってくれたりしたのと、

 

タイミング良く他のお客さんからもオーダーが入ったりして

 

ここでは大分勉強できました。

 

ちなみにこのお店では「教えてやるからベジギョウザの作り方を教えてくれ」と言われ、

 

なんとかやりましたw

f:id:Neo-Culture-journal:20160906142302j:image

中身はたまねぎ、じゃがいも、カリフラワーw

 

 

次はマナリーで繁盛しているパンジャブ料理店。

f:id:Neo-Culture-journal:20160906142322j:image

ここは史上最大の大収穫でした。

 

オーナーに厨房の中見せてって言ったら即okしてもらたうえに

 

たくさん見せてくれて、さらにはいろいろ作らせてくれました!!

 

この店かなり忙しくてロティも焼きっぱなし。

f:id:Neo-Culture-journal:20160906142333j:image

ちなみにナンはあんまり人気ないです。

 

 

ピーク時は残像が見えるほど忙しい。

f:id:Neo-Culture-journal:20160906142346j:image

↑メインシェフです。

 

ジーラライス。

f:id:Neo-Culture-journal:20160906142356j:image

とてもシンプルなジーラライスでクミンシードとクミンパウダー少々、塩だけ。

 

それで十分うまかったです。

 

よし、じゃあ次お前やれ。

f:id:Neo-Culture-journal:20160906142445j:image

オーナーの指示でメインシェフとタッチ交代!!w

 

メインシェフと俺がまさかの、

 

タッチ交代!!!w

 

これ通常のオーダーでお客さんに出すやつなのに!!!w

 

 

チキンララ、ラムキーマ、バターチキン、ダルマッカーニ、パニールマサラ、ジーラライスなどなど

 

いろいろやらせてもらいすぎて全部覚えてません

 

横では仕込みもやってます。

 

空気が辛くて目と鼻が痛いと思っていたら

 

隣の鍋でマスタードオイルで玉ねぎ炒めてました。

f:id:Neo-Culture-journal:20160906142506j:image

ラジママサラ(金時豆のカレー)の途中だったんですが、

 

その流れで習いました。

 

 

記念撮影。

f:id:Neo-Culture-journal:20160906142536j:image

ファンキーなシェフで、ノリ良くいろいろ教えてくれました。

 

タンドールもやれ」と言ってくれたんですが、

 

当時の僕はタンドールをまだ触ったことすらなく。。。断念!!!

 

今もう一度ここに行きたいです。

 

 

そしてこのあとオーナーから一つの試練が。

 

 

「明日何かカレー作ってくれ。よろしく。」

 

「Mjsk!!!!」

 

「必要なものがあれば買ってくるよ。」と、メインシェフ。

 

「んー、なに作ろう。。。」

 

いろい悩んだあげく、サンバルを作りました。南ですけど。

f:id:Neo-Culture-journal:20160906142556j:image

メインシェフからは合格点をゲット

 

よかったよかった。。。(;´д`)

 

いやしかしここで習ったことは今に至るまで自分の宝です。

 

ありがとうございました!!

 

 

そして最後、

 

ケララのコチです。

 

今回の先生はこのファンキーなムスリムシェフ。

f:id:Neo-Culture-journal:20160906142746j:image

そのノリと仕草は完全にビーボーイで

 

リズムに乗ってステップを踏みながらカレーを作ったりする。

 

ちなみにここのボスだそう。

 

今回はなんかあのシェフ、ノリ良さそうやなー」と思って、

 

「カレー作らせてや!!」ってお願いしたら

f:id:Neo-Culture-journal:20160906142805j:image

自分達のオーダーを作らせてくれました。

 

楽し~!

 

ライブ感溢れるオープンキッチンで自分のオーダーを作る!

f:id:Neo-Culture-journal:20160906142849j:image

これぞライブの極み!!!w

 

ちなみに僕が作っているのはミーンモーレーです。

 

手前の鉄板では魚が丸々一匹焼かれてます。

テンソン上がるッ!!!

 

グレービー完成!!!.味見!!!

f:id:Neo-Culture-journal:20160906142834j:image

いやー、僕は誰が何と言おうと、

 

あんな感じの粉臭いミーンモーレーが大好きですよ。

 

ターメリックらぶです。

 

ちなみに魚は生焼けでしたw

 

そして完成品の写真がありません。

 

毎度ここぞというところで写真を撮らないとか

 

カメラ持ってないとか

 

カメラ電池切れとか、

 

携帯無くすとか、

 

僕の悪い癖です。

 

っていうかこのケララの写真は全部頂き物です。

すみません。(携帯もってなかった。)

 

↓やけに写真に写りたがるスタッフ。

f:id:Neo-Culture-journal:20160906142910j:image

 

こんなシェフもいるんだなw

f:id:Neo-Culture-journal:20160906142931j:image

俺は彼とは気が合いそうです。

 

 

ちなみに店名はソルト&ペッパーです。

 

コチへお越しこさいはヨロシク

f:id:Neo-Culture-journal:20160906142942j:image

 

 

以上!!

 

インドでインド人からインド料理を習うのは楽しいということが

 

少しでも伝わったならば幸いです―!

 

最後までお読みくださりありがとうございました!

「Cafe&Bar Ethical 立ち上げ奮闘記」第4話 試食会 加筆修正版

2016年5月1日の記事の加筆修正版です!

エシカルは現在毎日元気に営業中!

下北へお越しの際はぜひ~

f:id:Neo-Culture-journal:20160821141622j:image

南口から徒歩数分!!!

 

<以下ブログ本文>

 

 

さて、エシカルは6月のプレオープンにむけて

 

お料理も作り込んでいきます!

 

今回は試食会の記事ですが、

 

どうやらエシカルは"数年前"より試作に試作を重ねてきていたらしく、

 

これからやることとしては、料理を1から考えるわけではなく

 

確認や仕上げを行っていく

 

そんな感じです~!

 

今回はキーマカレーやガパオライスなど

 

お店の主力商品がテーマでした。

 

 

キーマカレー

エシカルのおやびんが「試食会で使おうかな~と思った」

 

といってお持ちになったインド直輸入のお皿↓

f:id:Neo-Culture-journal:20160821125449j:image
木の葉っぱでできてます。

 

当時1枚2円。

 

我々で言うと使い捨て紙皿的なものらしい。

 

葉っぱでできてるって、インドはカレーだから葉っぱの隙間から滲みそう~!

 

とか思いますが、意外とそんなに漏れないので

 

けっこう快適に使えます。

 

雰囲気も出るのでパーティーにはおすすめです。

 

ただ「意外とそんなに漏れない」だけで「漏れる」ので

 

絶対汚したくない状況での使用はお控えください。

 

 

これ全部キーマカレーです。5種類。

f:id:Neo-Culture-journal:20160821131002j:image
写真に写っている5種類のインド直輸入ガラムマサラ

 

これらをそれぞれ使って作ったキーマカレーです。

 

今日のテーマは、

 

"どのガラムマサラがいいか見極めよう"

 

と言うことらしいです。

 

"どのガラムマサラがいいか見極めよう"

 

。。。

 

インド料理屋でもないのになんという意識の高さ。

 

いやそりゃあまあガラムマサラにもいろいろあるんです。

 

ローストクミンペッパー、カルダモンペッパーなどなど

 

いわゆるガラムマサラ以外にも仕上げスパイスにはいろいろあって

 

料理によって何をどう使うかとか

 

ガラムマサラでも配合はどうするとか

 

気は使うものですが、それにしてもこのこだわり方。

 

いやはや恐れ入った。

 

エシカルのメンバーのソウルはアツいです。

 

まるで燦然と輝く今日の日の太陽のようです。

 

さらに↓

f:id:Neo-Culture-journal:20160821131959j:image
タッパーのシールに「手切り」の文字

 

つまりお肉は自分達で粗挽きにしていると。

 

そこまでするか、こだわりまじで半端ねえ。

 

主力商品のレシピやオペレーションを考えるときに

 

味・品質と同じくらい重要視される事柄に作業行程・手間があります。

 

つまり一番売れるようにしたいものだから

 

味はもちろん美味しくないといけないけど、

 

いっぱい売れたときに作るのに手間暇がかかりすぎていると

 

仕込みが間に合わず、

 

販売数が一定で頭打ちになってしまう可能性がある。

 

というわけで主力商品は最初から

 

ある程度効率良く仕込めるように設計されることが多いです。

 

ところが、今日の中では試作した5種類のうち2つが手切りです。

 

そしてこの人たちは肉を自分たちで挽こうとしている。

 

それも粗挽きに。

 

それくらいなんでも無さそうに聞こえるかもしれませんが、

 

このヒト手間、2kgとか3kgの肉を粗挽きにするとかっていう話になると

 

けっこう大変なのですよ。

 

そして主力商品はお店の大小にも依りますが、

 

それなりの量が売れることをむしろ目標にしなければ商売が成立しません。

 

そして、
f:id:Neo-Culture-journal:20160821133336j:image

比較対照とするために市販のキーマカレーを3種類。

 

後からさらにもう1種類出てきた。

f:id:Neo-Culture-journal:20160821133406j:image
キーマカレー5種類を自分たちで作り、さらに4種類を比較対照のために召喚。

 

合計9種類のキーマカレーがここに並んでいるわけですが。

 

貪欲すぎる。

 

キーマカレーの解説。

f:id:Neo-Culture-journal:20160821133723j:image
実際に食べてみます。

 

まずガラムマサラ云々ではなく、

 

手挽き粗挽き肉を使った2種類が圧倒的に美味しいという結果になりました。

 

しかしながら比較対照用のキーマカレーたちも四者四様で、

 

試しに良いとこ取りでもして一回アレンジ版を作ってみようということで、

 

手挽き粗挽き肉のキーマカレーのレシピを少々変更し、

 

その場で作り直します。

f:id:Neo-Culture-journal:20160821134100j:image
以下変更点↓

スタータースパイスにシナモンを追加

・仕上げスパイスをカルダモン、ペッパー、クローブ主体のガラムマサラに変更(自分達で混ぜた)

 

そうしてできたキーマカレーを食べながら

f:id:Neo-Culture-journal:20160821134416j:image

アツい議論。激論。後ろのテレビでカープが圧勝~!

 

"エシカルキーマカレーのこだわりまとめ"

・お肉は手挽き粗挽き肉。

挽き肉は品質の劣化が早いので仕込みの度に挽きたてで作れればより新鮮。粗挽きなので食感もしっかりと残せ、かつジューシー。

 

・インド直輸入スパイス使用。

仕入れの段階からインドにお金も流れます。

 

・仕上げスパイスはエシカル特製ブレンド。

2016年8月21日現在 エシカルは毎日元気に営業中、土日はランチもやっていて、毎日キーマカレーを食べるチャンスがあるので、ぜひ実際に行って味わっていただきたい。

 

・スタッフのアツいソウルがこもっている。

たまに暑苦しいがきれいな女性スタッフばかりですのでむさ苦しくはないです。

 

・盛りつけはとにかく凄いこだわる。

お皿も全力投球。とにかく実際に目で見てお皿も含め演出されるエシカルの世界観を感じてほしい。

 

ガパオライス

「味見お願いします!!」

f:id:Neo-Culture-journal:20160821135447j:image

「いやいや、もう完璧じゃないですか。何をこれ以上いじるんですか???味も見た目もいいじゃないですか。

 

「いや、でもこれじゃない!!!前回のはもっとテリがあって。。。!!!!」

 

ガパオで、、、

 

照り???

 

気にしたことなかったわ。

 

いやはや恐れ入った。

 

この人たちは神にでも挑むつもりなのだろうか。

 

完璧を目刺し再びガパオライスを作る二人。

f:id:Neo-Culture-journal:20160821135808j:image

マジ半端ねえ。

 

感じるぜアツいソウル。

 

あ、シャッター音に気付かれました。

f:id:Neo-Culture-journal:20160821140123j:image

 

なにやら二人してバッチリキメてきました。
f:id:Neo-Culture-journal:20160821140237j:image
どれだけ真剣になろうとも茶目っ気だけは忘れません。

 

ガパオ、うまかった。

 

みなさん納得しきれてなかったみたいやけど。

 

 

トムヤムクン

f:id:Neo-Culture-journal:20160821140430j:image

かつてこれほど独創的なトムヤムクンに出会ったことがあっただろうか。

 

否。

 

なまじタイ料理をかじった人間からはおそらくこんな発想は出てこないだろう。

 

しかし皆は言う。

 

「前回のはこんなもんじゃなかった。まじで味噌汁。」

 

「絶対にそっちの方がいいと思います。もっと味噌汁感出していきましょう。どこにでもある普通のトムヤムクンエシカルで出す必要は無いと思いますよ。

 

エシカルのこのトムヤムクンには

 

Nouvelle Thai Cuisineのトムヤムクンとしての可能性を感じました。

 

是非我が道を突き進んでいただきたいです。

 

おわりに

今日はわずか3種類でしたが

 

タイ料理専門!とかインド料理専門!というわけではない

 

アジアンエスニックというアバウトでユルい括りだからこそできる

 

カフェ飯風、屋台風、本場完全再現、変態アレンジ系などのすさまじい緩急の付け方。

 

すごく面白いメニュー構成になりそうですね。

 

こりゃあええ波起こせそうで今後が楽しみです。

 

続く

そこにあるミャンマー 後編:増上寺ミャンマー祭り

2015/11/28の記事の加筆修正版です!

 

11/28-29

増上寺ミャンマー祭り

f:id:Neo-Culture-journal:20160820123952j:image

前回の記事「そこにあるミャンマー 前編:高田馬場ミャンマータウン」で、

http://neo-culture-journal.hatenablog.com/entry/2016/08/16/002033

 

高田馬場ミャンマー人街を訪ねたときにこのミャンマー祭りのことを知り、

 

そして今日、このミャンマー祭りへ。

 

高田馬場で食べたあの美味しかったミャンマー料理と

 

それらを育むミャンマーの気候風土、

 

そしてそこで暮らす人々のことをもっと知りたい。

 

私は今の今に至るまで、自分自身の強すぎる知的

 

好奇心を飼い慣らせてはいない。

 

 

 

まず、ミャンマー祭りの率直な感想を。

 

最高でした。

 

というわけでこれから

 

この祭りで感じたミャンマーの魅力をプレゼンしていこっかなと思います。

 

増上寺到着。

f:id:Neo-Culture-journal:20160820132137j:image

 

中に入るとブースがたくさん並んでいます。

f:id:Neo-Culture-journal:20160820132105j:image

f:id:Neo-Culture-journal:20160820132306j:image

入った瞬間から楽しそうな雰囲気を感じれます。

 

本気でミャンマーのこと日本人にもっと知ってもらいたいっちゅう

 

ミャンマー人たちの祖国愛と

 

ミャンマー大好き日本人たちの想いの結晶がこの祭りということなんだと思います。

 

民芸品も多数。

f:id:Neo-Culture-journal:20160820132430j:image

f:id:Neo-Culture-journal:20160820132508j:image

ミャンマー多民族国家なので民芸品のバラエティーも豊富なようです。

 

 

スタンプラリーもやってました。

f:id:Neo-Culture-journal:20160820132615j:image

せっかくやしコンプリート目指すで。

 

 

めちゃくちゃ美味しそうですね。ヨダレ,,,

f:id:Neo-Culture-journal:20160820132708j:image

今日は食べ過ぎ必須です。

 

インドで言うスジハルワ(粗い小麦粉のセモリナ粉を使って作るお菓子)みたいなものかな。

 

って思ったら値札のとこにスジハルワって書いてありました。

 

見た目通り、めちゃくちゃ美味しかったです。

 

このミャンマーコーヒーは浅煎りでスッキリ爽やか系。

f:id:Neo-Culture-journal:20160820132812j:image

皆様にはぜひブラックで飲まれることをお勧めしたい。

 

ミルクやクリームには負けてしまいそうな感じ。

 

 

ミャンマーヌードル!

f:id:Neo-Culture-journal:20160820132850j:image

トムヤム、海藻?海苔?、キムチ!!、キムチ???

 

 

ミャンマーそば焼酎


f:id:Neo-Culture-journal:20160820133140j:image

ミャンマー産のそばで作ったそば焼酎

 

原料の水がいいのか、飲み心地がとてもスムーズでうまかったっす。

 

度数ほどのアルコール感もなく焼酎苦手な方でも

 

割って飲めばスルッとイケそうですね。

 

ちなみにおすすめの飲み方は蕎麦湯割りだそうっす。

 

ちなみにちなみにミャンマーではそば粉の料理は無いんだそうです。

 

 

来ましたラペットゥ!

f:id:Neo-Culture-journal:20160820133317j:image

f:id:Neo-Culture-journal:20160820133254j:image

これ、大好きっす。

 

簡単に言うとお茶っ葉のピクルスで、

 

ナッツと一緒に食べるのが現地流。

 

お茶っ葉は日本ではほとんど食べませんが、

 

日本人の口にはとても合います。辛い以外は。

 

でのいいつまみになるんですよ、これが。

 

質もいいんでしょうね~今まで食べた中では最高のラペットゥでした。

 

お茶も素敵でした。

 

 

中央の美女二人がミャンマージャンケン大会をやってます。

f:id:Neo-Culture-journal:20160820133627j:image

f:id:Neo-Culture-journal:20160820133652j:image

民族衣装もかわいいし、

 

ミャンマー人のお姉ちゃんもたちも美人さん多いです。

 

前回で訪れた日本ミャンマーカルチャーセンターの所長マヘーマーさんもすっげえ美人さんでしたしね。

 

 

いやしかしすごい人でなかなかなの盛り上がりです。
f:id:Neo-Culture-journal:20160820133749j:image

天気も雲ひとつない快晴で、そんな寒くもなくてお祭り日和でした。

 

 

出店コーナー。

f:id:Neo-Culture-journal:20160820133845j:image

こっちもなかなか盛り上がっています。

 

でもミャンマーなんて行ったこともない人の方が圧倒的に多いと思うのですが、

 

ミャンマー祭りやりますよーっていって、

 

これだけの人が興味を持って集まってきてくれるっていうのは

 

見ていてこっちが嬉しいです。

 

 

さっきまでもいろいろつまんでましたが

 

ミャンマー飯。

f:id:Neo-Culture-journal:20160820134011j:image

f:id:Neo-Culture-journal:20160820134042j:image

f:id:Neo-Culture-journal:20160820134108j:image

8割くらいのものは見たことも聞いたこともないです。

 

後はタイ系、インド系もあるみたいです。

f:id:Neo-Culture-journal:20160820134137j:image

ちょっとつまみ食いしすぎて、今微妙に満腹なんで

ご飯はいったんスルーしますw。

 

最初に食べたスジハルワがすごいお腹にたまってます。

 

写真展もやってました。

f:id:Neo-Culture-journal:20160820134330j:image

この秘境っぷりびびるわ。

 

ミャンマー行きたくなりますね、本当に。

 

できることならすぐにでも行きたい。

 

 

そして今度こそミャンマー飯です。

 

と思ったらおやまあ

f:id:Neo-Culture-journal:20160820134540j:image

こんなところでおせち。売れるんかな。

 

でももうそんな時期ですね。

 

ミャンマー飯は、やきそば、ソーセージ、豆と魚のそうめん汁モヒンガーに挑戦。

 

やきそばは、ほぼパッタイでした。まあお隣の国ですしね。

 

カオソーイもほぼ同じものがあるし。

 

モヒンガーは煮干、パクチー強めで最高でした。

 

ソーセージは春雨入り。春雨がプリプリでうまい。

f:id:Neo-Culture-journal:20160820134459j:image

食べるのに夢中でまた写真を撮り忘れました。

 

 

スタンプラリーもコンプリート。

f:id:Neo-Culture-journal:20160820135320j:image

スタンプのクオリティーも高いです。

 

ちなみにこのスタンプラリーの懸賞で当たったのはミャンマーグッズではなく

 

増上寺グッズでした!w

 

 

ステージもこの盛り上がり。

f:id:Neo-Culture-journal:20160820135420j:image

f:id:Neo-Culture-journal:20160820135459j:image

ミャンマーの伝統的な音楽はなぜか響きが懐かしく

 

思わずぼーっと聞き入ってしまいました。

 

ご飯も口に合うし、どうやら僕の体はミャンマーと相性がいいようですね。

 

 

f:id:Neo-Culture-journal:20160820135656j:image

f:id:Neo-Culture-journal:20160820135716j:image

みんなめちゃくちゃ楽しそうに踊るですよね。

 

なんか見ていていいなーって思います。

 

お祭りのまだまだ盛り上がりは続きそうです。

f:id:Neo-Culture-journal:20160820135951j:image

ミャンマーの文化にも食にも触れることができて、
f:id:Neo-Culture-journal:20160820140051j:image

すごくいいお祭りでした。

 

 

いつかこの記事の続きとして、

 

現地からのレポートを皆様にお届けしたいです!

 

 

そこのあるミャンマー 前編・後編

 

一旦完結。

そこにあるミャンマー 前編:高田馬場ミャンマータウン

以前、大久保に点在する輸入食材店に体当たり取材を試みた時に

 

とあるお店の店主から

 

高田馬場と舘林(群馬)にミャンマー人が集まっている。」

 

という話を聞いた。

(新大久保の輸入食材店に体当たり取材をした時の様子は、後日別の記事にて配信予定です。)

 

ミャンマー

 

想像もつかない。

 

自分にとっては未だ未知の国である。

 

世界を旅しているときに

 

未知の世界に足を踏み入れる瞬間のあのわくわく。

 

今感じているのはそれに似た感情だった。

 

 

気が付くと私は

 

高田馬場行きの日程を決めていた。

 

-------------------------------------------------------------------------------

※このブログで使用されている写真は全て、撮影許可を得られた場所で撮影されており、かつブログでの掲載を許可されたものです。撮影許可の得られなかった場所においては写真撮影も一切行っておりません。

Notes; All of the Photos on this blog are allowed to be uploaded on the web by owner of the shops or restaurants. We have not taken any photos without permission in any shops or restaurants where we visited for this activity.

-------------------------------------------------------------------------------

 

というわけで高田馬場

 

しかし実は横浜中華街や三ノ宮南京町のように

 

分かりやすくエリア化されていないのである。

 

少し前までは「いかにも!」な通りもあったそうなのだが、

 

今はなくなってしまったそうで、

 

ミャンマー人の経営する輸入食材店や飲食店が高田馬場に点在している

 

といった具合。

 

一件一件まわってもよいのだが効率が悪いし

 

ミャンマー人街としての全体像が掴みづらい。

 

少し調べてみると

 

NPO法人日本ミャンマーカルチャーセンターという組織が存在するらしかった。

 

そこを訪ねれば、高田馬場ミャンマー化の全体像が掴めるのではないか。

 

そう考えた次第である。



普通のアパートの中にあるっぽい。

f:id:Neo-Culture-journal:20160815231912j:image

あった。

f:id:Neo-Culture-journal:20160815232140j:image

 

ミャンマー祭り。。!!!

f:id:Neo-Culture-journal:20160815232219j:image

丁寧に作られたポスターから力の入れ具合が伝わってくる。

 

絶対行きたい。

 

チャイムを押すとセンターのスタッフさんに対応してもらえた。

 

突然の訪問にもかかわらず暖かく迎え入れてもらえた。

 

室内にはミャンマー関連の小物や楽器。

f:id:Neo-Culture-journal:20160815232544j:image

f:id:Neo-Culture-journal:20160815232609j:image


f:id:Neo-Culture-journal:20160815232622j:image

ここでは在日ミャンマー人の日々の暮らしのサポートや、

 

日本人向けにミャンマーの言葉や文化を紹介したりする活動が積極的に行われている。

 

詳細は以下を参照されたい。

http://xn--1dkbm8d2b2649g.com/

 

所長のマヘーマーさん。

f:id:Neo-Culture-journal:20160815232808j:image

突然の訪問にも関わらず暖かく迎え入れてくださり、

 

いろんな質問に答えてくださいました。

 

本当にありがとうございました。

 

 

もともとミャンマー人は高田馬場ではなく、

 

西武新宿線中井駅周辺に集まっていたとのことでした。

 

その理由ですが、中井にはミャンマー人のお坊さんのいる仏教寺があり、

 

日本に出稼ぎに来たミャンマー人達が彼を頼って中井に集まりだしたんだそうです。

 

しかし時間が経つにつれて高田馬場の方が通勤なども便がよいということで

 

高田馬場ミャンマータウンになっていったということでした。

 

 

さて、それではマヘーマーさんに教えていただいた飲食店や輸入食材店の位置情報を基に探索を開始。

 

ミャンマー料理店は高田馬場から早稲田にかけてかなりの数が点在しているます。

 

が、今回は取材に使える時間がもう後半日しかなく、訪ねる場所は絞るしかなかった。

 

というわけで今回は「タックイレブン高田馬場」というビルに狙いを定めた。

 

このビルの中に輸入食材店も飲食店も集まっているらしい。

 

到着。

f:id:Neo-Culture-journal:20160815233527j:image
のっけからなかなかパンチが利いてるな。

 

しかしタックイレブンの8階にミャンマー系のお店が集中しているようなのだが、

 

上に上がる階段が見つからない。

 

エレベーターが違う場所にあるのかと思い

 

裏に回ると。。。

f:id:Neo-Culture-journal:20160815233840j:image
お???

 

おお!!!!
f:id:Neo-Culture-journal:20160815233947j:image

いざ8階

 

そこにあるミャンマーへ。

f:id:Neo-Culture-journal:20160815234314j:image

この階は全てミャンマー人の営む輸入食材店で、

 

一店舗は食堂

 

本場ミャンマーの食堂飯が味わえる。

 

どうやらミャンマー人の学生のために利益を半分無視してやっているようです。

 

 

そしてここにきてまさかの事態

 

一店舗を除いて「写真撮影不可」ということでした。

 

というわけで唯一写真撮影の許可が降りた店舗の写真を

f:id:Neo-Culture-journal:20160815234612j:image

f:id:Neo-Culture-journal:20160815234628j:image

f:id:Neo-Culture-journal:20160815234644j:image

店内どこも写真のようにきれいで

 

整理整頓もしっかりとされています。

 

食堂のご飯もいただきました。

f:id:Neo-Culture-journal:20160815235035j:image

この写真は後日再訪したときに撮らせてもらえたものです。

 

どうやらこの食堂は

 

ミャンマー人の学生のためにやっているということもあって

 

ミャンマー人以外のイートインは基本的にお断りらしいので、

 

これから訪ねようと思われている場合は

 

相手方に最大限の配慮を。

 

テイクアウトは普通にさせてもらえます*


いやしかし美味でした。

 

タマリンドリーフの炒め物

 

エビ、川魚、豚肉、牛肉の煮物

 

酸っぱいスープ

 

知らない料理ばっかりで名前も覚えられませんでしたが

 

本当に美味しかった。

 

僕の周りでミャンマーに行った人は

 

結構現地の食事をひどく言うのだけれど

 

ここで食べたミャンマー飯は本当に美味しかったです。

 

 

ミャンマー多民族国家なので

 

地方によって宗教も違ったりしているようで

 

食文化もかなり多様らしい。

 

まだ出会わぬうまいものもきっとたくさん眠っているに違いない。

 

ぐるっと一周食べ歩きしたいですね。

 

ミャンマーのことを知りたい、感じたいという方は是非

 

高田馬場へ。

 

次はミャンマー祭りに行きますよ!!!

 

後編:増上寺ミャンマー祭り(2014/10/18)に続く。

 

Fotos: Kaiware

「バラナシに行ったら人生が変わるから絶対に行けといろんな人に言われるので渋々行ったら本当に人生が変わった話」part1.チェンナイ

「バラナシに行ったら人生が変わるから絶対に行けといろんな人に言われるので渋々行ったら本当に人生が変わった。」



東京に来て5年目となる。

今は個人事業主として

飲食店の立ち上げに加わわらせてもらったり

既存の店舗において運営や経営についてコンサルティングをやらせてもらったりしている。

後は自分でイベントを企画してお客さんに楽しんでもらったり

たまの休みは自由気ままに飲んだくれたりしている。


個人事業は立ち上げ初年度であるが

順調といって差し支えないと思う。

既に成果が出ているところもある。


でも今の自分があるのは全て

大元を辿るとあるひとつの場所に収束する。

「バラナシに行ったら人生が変わるから絶対に行けといろんな人に言われるので渋々行ったら本当に人生が変わった。」


そう、

それはバラナシ。

先月まで立ち上げで加わらせていただいていたエシカルを始め(Cafe&Bar Ethical立ち上げ奮闘記をお読みください*)

現在仕事上のお付き合いのほとんどは

バラナシから始まっている


もっと詳しく言うと

バラナシで出会った2人の日本人から

全てが始まっている。

 

________________________________________________


4年前

僕は都内のとある南インド料理屋への就職が決まっていた。

なので就職前に現地に行って勉強してこようと思い、

南インドへ行った。


帰国後就職し、

社会人として働き始めた僕のステージは

都内のとある南インド料理屋

であった。

僕のステージがそこである以上

バラナシで出会ったその2人と

その周りの人たちは

旅の途中で出会っては別れる多くの旅人たち同様

僕にとって主要な登場人物とはならないはずだった。


しかしいわゆる未熟者であった僕は社会に適合できず

とある南インド料理屋を一年も経たずにドロップアウトした。


そしてそこからは

その2人と

その二人の仲間たちに

今に至るまで助けられ続け

私は今、この記事を書くに至っている。

________________________________________________

 
インドへはスリランカから入国した。
 
スリランカでは田舎に行って
 
毎日大自然を満喫して
 
のんびり過ごしていた。
 
自然が好きな僕にとっては至福の時だった。
 
 
 
そして、
 
チェンナイへ。
 
 
スリランカとは正反対な街。
 
チェンナイに着いてそう感じた。
 
何をしても"疲れる"のだ。
 
チェンナイは無機質だと感じた。(スリランカでは田舎にずっといて、チェンナイは南インドの中心都市なのでそりゃあそうだろうという話ではあるが。)
 
南インド料理は美味しかった。
 
サンバル、イドリー、ワダ
 
現地の味は僕の舌にも合った。
 
 
でもとにかくこの無機質な都市が今の気分じゃない。
 
手持ちのロンリープラネットをめくった。
 
"Chennai Beach Station"
 
の字が目に留まる。
 
 
とりあえず海に行こう。
 
電車に乗ってChennnai Beach Staationへ。
 
 
駅を出て
 
「まじっすか。」
 
思わずそう呟いた。
 
目の前に広がるのは広大な工業湾だった。
 
 
僕の中で工業湾とビーチは大きく違う。
 
同じ海でも大きく違うのだ。
 
同じねこ科でもトラとネコが全く違うように、
 
違うのだ。
 
ここは今の気分じゃないのだ。
 
 
 
「。。。
 
もう、田舎へ行こう。」
 
2泊3日チェンナイの予定を切り上げ
 
2日目で夜行列車のチケットを取った。
 
 
場所はここから手軽に行けて、
 
かつ、確実に自然が手に入る場所をロンリープラネットで探した。
 
ウーティ。
 
ここから所要半日。
 
まず夜行でコアンバートルまで行き、
 
そこから山岳鉄道かバスで山を登りウーティへ。
 
 
ここなら大丈夫そうだ。山岳鉄道あるし。
 
南インド料理屋を勉強するなら少々我慢してでも都会にとどまり
 
レストラン巡りをするべきなのであろうが、
 
とにかく疲れてしまった僕は勉強よりも養生を取った。
 
 
当初予定していたルートは
 
チェンナイ→ハイデラバード→ゴア→コチ→チェンナイ
 
いきなり道を踏み外すこととなった。
 
 
続く

「Cafe&Bar Ethical 立ち上げ奮闘記」 第3話 花より大工。加筆修正版

*2016/4/26投稿の記事の加筆修正版です。
 
 

やっぱり大工さんは、、、

 
かっこいいです。。。
f:id:Neo-Culture-journal:20160723130135j:image
ハアハア
 
 
さて、今日もDIY
 
お相手はこちら
f:id:Neo-Culture-journal:20160723130222j:image
鏡です。
 
壁面に張り付いたこいつをどうにかして剥がします。
 
ちなみに割ったりヒビを入れたりすることなく剥がさなければなりません。
 
難しそうですね。
 
なので鏡の下の籠とか簡単そうなやつから外します。
f:id:Neo-Culture-journal:20160723130315j:image
 
 
 
そして問題の鏡。。。
 
鏡と壁の隙間にヘラを差し込んで探ってみた感じ、
 
どうやら壁面と鏡の間に塗られた接着剤が弾性接着剤(ゴムみたいに押したら凹んで離すともとの形に戻るやつ)っぽいです。
 
弾性接着剤の場合、空気と触れてかちかちに硬化するアロンアルファみたいな接着剤と違って
 
力が加えられた場合、接着剤自体がゴムみたいにある程度伸び縮みします。
 
伸び縮みするということは、単純に力を加えられることに対してはけっこう強いです。
 
それに対し接着された鏡は完全な塑性体。
 
力を加えても伸び縮みしたり、曲がったりということはほとんどないので
 
加えられた力が鏡の耐力を上回った時点で鏡が割れます。
 
難しい言葉が続きましたがまとめると
 
鏡を壁から剥がそうとすると
 
割れてしまうだろう
 
ということです。
 
こいつはトイレの違う場所に貼り直して再利用する予定なので
 
割れてもらっては困ります。
 
 
なのでこの鏡を壁から剥がすなら、
 
発泡スチロールカッターのようなものを電熱線を使って作り
 
接着剤を焼き切るしかない
 
という結論になり
 
やろうと思えばできるけどめんどくさいので、
 
とりあえず鏡はこの場所でこのまま使いましょうという話になり、
 
ひとまず段ボールを上から張り付けて
 
傷がつかないように保護して工事を進めることに。
 
 
次はトイレの中のシンクを外します。

f:id:Neo-Culture-journal:20160815213357j:image

 
 
まずパイプと本体を繋ぐナットを緩めます。

f:id:Neo-Culture-journal:20160723130541j:image

 
 
銀色のぽこっとしたやつはネジ穴の上にさらに被せるネジみたいなやつで
f:id:Neo-Culture-journal:20160723130749j:image
これは手でネジって外せます。
 
 
外すとこんなかんじ↓
f:id:Neo-Culture-journal:20160723155344j:image
このネジを外せば後は簡単
 
ばっこし外せました。
f:id:Neo-Culture-journal:20160723155410j:image
どや。
 
ま、
 
俺は教えてもらった通りにやっただけですがw
 
 
 
ちなみに今日はすごい人数のボランティアさんが集まりました。
f:id:Neo-Culture-journal:20160723155829j:image
いやーそれにしても
 
べっぴんさんが多いっすね。
 
作業中も気が散ってしょうがないです。
 
 
でも僕はそんななかでも断然
 
花より大工です。
 
 
男が好きなわけではないですが
 
大工さんは好きです。
 
大工さんの手仕事を見ながらそれをつまみに酒が飲めますね。
 
 
 
そして今日はキッチンも磨きました~
f:id:Neo-Culture-journal:20160723161544j:image

f:id:Neo-Culture-journal:20160723161528j:image
まだ埃が付くので油汚れしか落としてませんが、これだけでだいぶ蘇りますね。
 
仕上げでもう1回磨けばもっと光ります。
 
 
 
さて5月末からはエシカルでお出しするお料理の試作も本格始動です。
 
試作、というか正確には
 
今までさんざん試作は繰り返してきたそうなので
 
仕上げや確認の意味合いの方が強いと思いますけど。
 
 
はてさて、
 
そこまで作り込んできたお料理たちに対して
 
僕なんかが何か役に立てるコメントができるかどうか怪しいですが
 
一応アジアンエスニック料理は僕の専門分野なので
 
呼んでいただいたからには何かしら成果を残せるように
 
ベストを尽くします~!