NeoCulture#Journal

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Neo Culture #Journal

ある文化がある異文化を受容するには、母体となる文化においての既成概念の破壊と伝統の再構築が必要となる。 Neo Cultureは、その過程を人為的かつ局所的に再現しようとする、一種の実験である。

「Cafe&Bar Ethical立ち上げ奮闘記」 第1話 DIYしますか? 加筆修正版

*2016/4/17の記事の加筆修正版です。
 
さて、ご縁がありまして(詳細は第2話の余談で)
 
Cafe&Bar Ethical(以下エシカル)の立ち上げに加わることとなりました。
f:id:Neo-Culture-journal:20160708004536j:image
内装工事からエシカルでお出しする料理の開発サポートなど
 
わりと幅広く関わっていくことになりそうです。
 
 
まずエシカルとはってところですね。
 
エシカルのフライヤー↓
f:id:Neo-Culture-journal:20160708004624j:image
コンセプトは"インドの子どもたちへの支援"です。
 
エシカルの売り上げの一部がインドの子どもたちへ寄付されます。
f:id:Neo-Culture-journal:20160708004717j:image
寄付先はマザーベイビースクールです。
 
マザーベイビースクールについて↓
 
画期的ですね。
 
 
場所は下北沢フリーファクトリー跡地
 
下北沢駅南口より徒歩1分(ホンマに1分)
 
ビルの3階です。
f:id:Neo-Culture-journal:20160708005531j:image
 
地図でみるとこんなかんじ。
f:id:Neo-Culture-journal:20160708005209j:image
南口改札からお店までよりも
 
電車降りてから南口改札までの方が遠いです多分。
 
 
現在は内装工事中~今流行りのDIYです。
f:id:Neo-Culture-journal:20160708005740j:image
皆さんは4月に解体から始めて今こんな感じです。
 
 
作業にはボランティアで参加してくださっている方々も多くいらっしゃるようで
 
多いときは結構大人数でにぎやかに作業します。
f:id:Neo-Culture-journal:20160708010744j:image
 
 
ちなみに現場にはプロの大工さんもいて
 
いろいろ習えます。
f:id:Neo-Culture-journal:20160708012304j:image
大工さんなんて普通に生きててなかなかな友達にれませんからね。
 
なのでこれを機にいろいろ習ってこようと思います。
 
 
そんでエシカルフェイスブックページです↓
 
日々の動向が写真つきで見れます~
 
 
最初はこんな感じだったらしいです。
f:id:Neo-Culture-journal:20160708012920j:image
 
これからこの店内がどんな感じに変わっていくのか
 
楽しみですね!!